閉じる
中央学院高等学校

ICT教育の実践

ICT教育の実践

中央学院高校では「確かな学力づくり」を目標に、2018年4月から新しい教育システムを導入。生徒全員が最先端のICT機器(タブレット端末など)を活用し、専用の学習アプリを介して行うアクティブな授業の始まりです。学校の授業だけでなく、これからは自宅の部屋も、未来につながるもう一つの教室へと進化していきます。

ICT機器の活用

携帯に便利なタブレット端末があれば、勉強場所を選ばず、好きな時間に予習・復習ができます。部活動に夢中な生徒も、資格検定にチャレンジ中の生徒も、効率よく自己学習に活用してください。

タブレット端末を活用するメリットはたくさんありますが、その一つが、得意科目も不得意科目も、自分に合ったレベルで勉強できる学習アプリが使えることです。時間に制約がない点も魅力です。

大学受験を意識し始めたら、大手予備校の著名講師による授業動画で学習。もちろんテキストのダウンロードもOK。個人のペースで再生・停止ができるので、焦らず、確実に受験勉強ができます。

せっかく手元にタブレット端末があるのだから、オンラインで生きた英語を学ぶのも手。オーストラリアのホームステイ体験(2年次・希望制)に備えた、スピーキングトレーニングとしても活用できます。

補習や模擬試験など“授業外の学び”も充実している中央学院高校。「塾に通わなくても成績が伸びた」という生徒も多く、さらにタブレット端末を使いこなせば「鬼に金棒!」となることも確実です。

専用の学習アプリ

eラーニングシステム「すらら」(1年次)

基礎学力の定着に有効な対話型デジタル教材の「すらら」。“教材”といっても堅苦しさはなく、英語・国語・数学の学習を、自分の能力とペースに合わせて進めることができます。インターネットに接続できる環境があればどこにいても利用できるのがメリットで、学校でわからなかった項目の確認も、時間を気にすることなく気軽にできます。

学習支援サービス「スタディサプリ」(2・3年次)

大学受験を意識しはじめたら、ぜひ注目してほしいのが「スタディサプリ」というデジタル教材です。講義動画と到達度テストを通して、学力がリアルタイムでわかり、志望校に合わせた学習プランを立てることが可能になります。大手予備校の講師陣が担当する授業もオンライン上で気軽に受講できるので、塾や予備校に行く手間も省ける優れものです。

オンラインでのスピーキングトレーニング

タブレット端末を使ったオンラインスピーキングで、英語の4技能(話す・読む・聞く・書く)のレベルアップも、また、英語コミュニケーション能力を測定するオンラインテスト『GTEC』の受験も可能になります。到達度テストや校外研修(福島県British Hillsでの英国文化体験やオーストラリア語学研修・希望制)との併用で、英語力がめきめきと向上します。

Return to Top ▲Return to Top ▲