閉じる
中央学院高等学校

生物部

生物部

活動記録

現在記事、お知らせはありません。
顧問 田向周治・秋山信
部員数 11名

●活動内容
生物部は創部以来、「ラン科植物の無菌培養に関する研究」を行ってきました。現在では、その研究成果を生かして、小笠原固有種であるアサヒエビネの研究を東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)、小笠原野性生物研究会と協力して取り組んでいます。これらの調査・研究の成果は、東京や千葉の発表会で発表している他、国立科学博物館筑波実験植物園企画展「ラン展」でも紹介されました。
また、本校周辺の谷津に生息する昆虫について、継続して調査を実施しています。毎年ホタルの観察の他、採集した昆虫の標本を作成し、昆虫の分布や個体数について研究をしています。

●目標
・ 絶滅危惧種アサヒエビネの無菌培養による増殖
・ 各種稀少ラン科植物の保護と増殖
・ 我孫子市谷津ミュージアム設立に向けて昆虫類を中心とした調査保護活動

主な活動実績
平成29年度 小笠原産稀少ラン科植物であるハハジマホザキランを京都府立植物園に分譲。
平成28年度  ジャパンバードフェスティバル2016環境学会 最優秀賞受賞
小笠原稀少野生植物保護増殖事業に協力し、絶滅危惧種アサヒエビネの種子数に関する研究を報告した。
平成27年度 ジャパンバードフェスティバル2015環境学会 優秀賞受賞

天然記念物及び、絶滅危惧種IB類に指定されている稀少ラン科植物ムカゴドンボの無菌発芽に成功。

小笠原希少野生植物保護増殖事業の一端として、絶滅危惧種に指定されているアサヒエビネ及びホシツルランの種子の状態と無菌培養による発芽能力の確認、シマホザキランの増殖技術の確立を目標に協力することが決定した。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲